FC2ブログ

里山は春

2019年4月14日、午前中は所用があり午後からの行動、

前日、海別岳からのクールダウンとして近くの里山に

三面山(547m)



和寒峠の駐車場に車を置く、もうこの時期、この時間だと誰もいない

いないほうがいい、静かな山を堪能できる

少し雲が多いがかなり暖かい、旭川市で15℃位上がっていた

2019-04-14 01




午後2時半過ぎ、いつもは滅多に車が通らないのだが、時間帯のせいかやたら車が来る

そそくさと和幌トンネル脇から入っていく

2019-04-14 02




陽が当たっているところは笹が立ってきている

スキーの跡はやたら多いが先週以前のものだろう

2019-04-14 03




道路から離れて静かな森の中に入ってきたかと思ったら、背後からなにやらやかましい音が聞こえてきた

2019-04-14 04




スノーモービルが三台、脇をすり抜けていく、雰囲気台無しだ

排気の匂いもずっと残ってるし

2019-04-14 05




と言いつつも、腐った雪には負担が多いので、トレースを利用しちゃったりする

でも利用されたと思われるのも、なんとなく悔しいし、またトレースから外れる

2019-04-14 06




山頂はポカポカ陽気、丸山方面もかなり雪が減っている

2019-04-14 07




シラッケ、冬路山方面、5~600mほどのここら辺は今シーズンのスキー終わりみたい

2019-04-14 08




雪が無い岩や草の上は暖かかった、静かでのどかな山頂でウトウト・・

2019-04-14 09



海別岳

ウナベツ岳といえば温泉マニアとしてはウナベツ岳温泉が一番に連想される、

数年前に東側の旧林道(廃道)から標津側に降りていったところに温泉が湧いている所に行った

その時にチラッと見えたピーク(本当のピークか解らないが)が気になっていた

沢登りや藪漕ぎなら行けなくもないが、大体は冬にスキーやスノーシューで登るという

どうせ登るなら天気が良くて風も無いほうがいい

てんくらを見ていて絶好のチャンスと思い、前日に決めた、

2週間前にも知床に行ってるのに。。



2019年4月13日

旭川を4時出発、標津から比べると斜里は近く感じる

7時半から歩き始める、天気いいぞ!

2019-04-13 01




シカ柵は開きっぱなし、入り放題

2019-04-13 02




トレースたくさん、スキー、スノーシュー、ツボ、モービル、動物、一般国道だね

2019-04-13 03




ウナベツ林道へ、ここでスマホの電源が落ちていることに気付く、予備バッテリーに取り替えてもダメ

GPS使えないけど、トレースあるから大丈夫かぁ

2019-04-13 04




樹林帯に入るとトレースがばらばらにたくさん、最終的には1本につながっているから、新らしめのを選ぶ

2019-04-13 05




樹林帯から抜けるとポン海別岳が、ここまで1時間半

2019-04-13 06




よく写真で見ていたあこがれの風景、流氷があればもっと良かったのに・・

2019-04-13 07




ここからは本格的な登り、ピークが見えるから近く感じるが、本頂はどれだろう?

2019-04-13 08




斜里岳も顔を見せてきた

2019-04-13 09




ハイマツも所々出てきているが、意外と踏み抜きはない

2019-04-13 10




表面もカチカチじゃなく、適度にスノーシューの爪が噛む

2019-04-13 11




もう少しなんだけどな、なかなか近づかない

2019-04-13 12




右奥が本ピークみたい

2019-04-13 13




偽ピーク手前あたりで少し風が吹いてきた、アウターを着なくていいほど暑かったので、薄手のウインドブレーカーでしのぐ

2019-04-13 14




ニセピークまで来ると知床連山が現れる

2019-04-13 15




本ピークまでは稜線を歩く

2019-04-13 16




頂上は意外と広い、先行者は3人と犬1匹

2019-04-13 17




斜里岳をバックに、風も止んできた

2019-04-13 18




斜里の街と海岸線

2019-04-13 19




昼食タイム、お椀ヌードルはマグカップに入るから便利

2019-04-13 20




遠音別岳、右奥に羅臼岳、爺爺岳には雲がかかっている

2019-04-13 21




半島の両側に海が広がっている、知床ならではの景色

2019-04-13 22




雌阿寒、雄阿寒、手前は屈斜路湖

2019-04-13 23




遠くの白いのは流氷かな?

2019-04-13 24




1時間も山頂にいたよ、名残惜しいが今日中に帰らなければならない

ニセピーク意外とキレッキレ

2019-04-13 25




尻すべりしようと思ったけど、柔らかすぎてケツが埋まる

先行者はでっかいソリを持っていたから滑れたみたいだね

2019-04-13 26




それでも一気に降りてきた、よく転ばなかったな

それにしても空は青い、雪は白い!あたりまえか

2019-04-13 27




ひさびさに茶色や緑が混ざってくる

2019-04-13 28




標高が下がると気温も上がり、雪が腐ってズボズボ、スノーブーツの中も染みてきた

2019-04-13 29




ポカポカ陽気で半袖でもいいくらい、道路上で道具を乾かしながら日向ぼっこ

2019-04-13 31




あらためて見ると、でっかいどっしりとした山だなぁ

2019-04-13 32




帰りは天に続く道から一気に温泉へ直行

2019-04-13 33






川北温泉 2019


2019年3月31日、前日の薫別温泉に引き続き、今日は川北温泉にチャレンジ

昨日は中標津の宿に泊まり、グッスリ眠れたので体調もバッチリ

国道沿いの林道入口の駐車スペースを確保するため、手持ちのスコップで除雪した

2019-03-31 01




昨日、入口を偵察した時には無かったスキーのトレースが付いている、これはラッキー

2019-03-31 02




よく崩落して通行止めになるところ、カリカリになっていて少し危なかったけどなんとかクリア

2019-03-31 03




前日のトレースもあってか、もう残り1キロ地点まで来た

やっぱスキーっていいかも?

2019-03-31 04




沢が温泉熱で溶けていて、硫黄臭もしてきた、もうすぐだね

2019-03-31 05





9:50到着2時間かからなかった、さて湯船は?

2019-03-31 06




やはり前日訪れた方がある程度清掃してくれたおかげで、いいかんじですな~!

2019-03-31 07




温度も絶妙です、熱くなってくれば沢水からくる加水ホースを出し入れすればいい

2019-03-31 08




頂いたビールで乾杯、また3時間たっぷりと堪能しました

2019-03-31 09




帰りに根北峠から見える斜里岳が素晴らしかったのでパチリ


2019-03-31 10



薫別温泉2019年冬



2019年3月30日、ここは標津町古多糠、旭川を朝4時に出て280km、8時到着、眠い・・

いつもの除雪最終地点よりさらに除雪が進んでいる

前日からの積雪と吹き溜まりがあるので1km奥に車を停める

2019-03-30 01




8:20スキーを履いて出発、林道ゲートまで近く感じた

2019-03-30 02




去年の秋は藪漕ぎで格闘した道も、雪の中だと歩きやすい

2019-03-30 03




雪崩箇所は結構な斜度のトラバース状態で

2019-03-30 04




そのまま落ちると薫別川にまっさかさまだ

2019-03-30 05




橋の上の積雪をみると例年の半分くらいかも

2019-03-30 06




10:00林道最終地点に到着、いつもの景色だよ

2019-03-30 07




さて、川にどうやって降りるか?設置されているロープは雪の中に埋もれている

2019-03-30 08




そのためにロープ持参しました、水汲みバケツは雪の中から掘り起こしたけど

2019-03-30 09




懸垂で降りると川淵に温泉が湧いている、湯船の中は藻と枯葉が凄い

2019-03-30 10



温度はそれほど高くないね、そのままでも入れる温度

2019-03-30 11



さっそく湯船清掃、いい感じになった

2019-03-30 12



湯温も適温に、湯もみ効果だね

2019-03-30 13



ハァ~至福のとき、食事やコーヒータイムを挟みながらたっぷり3時間入りました

2019-03-30 14



気持ちよく晴れ上がり帰りもあっという間だった

2019-03-30 15



新しい挑戦

知り合いから不要になったスキー一式を譲っていただいた

スキーは元々興味があったのだが、実際滑るとなるとまったく自信がない

25年ものブランクがあるからだ、その前だってたいして滑れた訳じゃないので、まったくの初心者といっていいのだ

しかもこれって恐らく上級者用だと思う、長さも180cmあるし、シールも貼り付けて固定しているので剥がれなくなっている

2019-03-21 01

とりあえず近くのスキー場に行って滑ってみる

下のほうのゆるい所からはなんとなく曲がれるし、なんとか止まれる

中腹まで登ってみる、シールって凄いね、ガンガン登れるじゃん!

ゆっくりだけどハの字でなんとか降りてこられた、

あとは実践あるのみ・・なんて楽観的なんだ!?




2019年3月21日、近くの低山へ

とりあえず平地を歩く、スノーシューよりいいかもしれない

2019-03-21 02




スノーモービルの通った跡がある、排気臭もするので今日入っているらしい、

できれば会いたくなかったが途中スライドした

2019-03-21 03





登りが始まる、木が密集してるけど降りてこれるかな~?

2019-03-21 04




ここは広いからなんとかなりそうかも?

実際はなんとかなりませんでした(汗)

2019-03-21 05




尾根歩き、バリズボの雪面やトラバースなどはスキーのほうがいいと感じた

2019-03-21 06




斜度がきついところも増えてきた

戻れなかったら困るのでここでスキーをデポ

2019-03-21 07




熊さんがウロチョロしてますね~ っていうかこんなところで冬眠してたの?

2019-03-21 08





高砂山山頂、木々の奥からクマに見られているようですぐ退散する

2019-03-21 09




さて、スキーを履いて降りてみる、あれ・・ターンできない、ゲレンデの雪質とはまったく違うからか?

2019-03-21 10




止まることもできないぞ、直滑降でスピードが出すぎたら転んで止まるしかない

まいったな~、来シーズンから特訓だ

2019-03-21 11

結局自分にとっては今のところ、スキーは歩くと登る為の道具で、下りではその機能を発揮できない

ゲレンデ以外では滑れないのだ、初心者用のスキーなら何とかなるのかな?

いや、とりあえずこれでがんばるしかないな





出発前は気付かなかったが、こんな看板あったんだ

以前に半面山でクマを見かけたが、ここら辺の個体だろうか

2019-03-21 12



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR